東京都はさきほど、新型コロナウイルスの対策会議をひらき、今後、3週間程度、集中的に取り組む対策について発表しました。
都は集中的に取り組む対策として民間の検査機関へ検査の一部を委託し、1日当たりの最大検査件数を増やしたうえ、相談体制を強化します。
さらに不特定多数の人が訪れる都の施設の休館を検討するということです。
また、都立学校で生徒や教職員に感染者が発生した場合、協議の上、感染者がでた学校を14日間を目安に臨時休校にするとしています。

新規コメントの書き込み