これからの1、2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかの瀬戸際だという見解を示しました。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため政府はきのう専門家会議を開き、政府が策定している総合的な基本方針の内容について議論しました。
専門家会議は多くの人が対面で会話する集会に参加するのをなるべく控えるよう求めたほか、風邪や熱などの軽い症状が出た場合は外出せず、健康な人は症状が4日以上続く場合を除いて自宅療養するよう求めました。
こうした見解はきょうにも公表される政府の基本方針に反映される見通しです。
こうした中、きのう新たにクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内作業をしていた厚生労働省職員と検疫官の2人の感染が確認されました。
また北海道や東京・神奈川などで11人の感染が新たに確認され、国内の感染者数は、クルーズ船の乗客乗員を含め851人となりました。

新規コメントの書き込み