新型コロナウイルスへの集団感染が確認された横浜港のクルーズ船に乗船していた80代の日本人男性が死亡したことが分かりました。

 男性には持病があり、5日にクルーズ船が横浜港に帰港した後に熱などの症状で医療機関に搬送されていました。死因は肺炎ですが、厚生労働省は男性が新型コロナウイルスに感染していたかについて明らかにしていません。クルーズ船の乗船者で死亡が確認されたのは3人目です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み