22日、名古屋市で高速道路関連会社の職員が新型コロナウイルスに感染したことが分かったことを受けて料金所6カ所が閉鎖されています。

 感染が確認された名古屋高速の関連会社の60代の男性は、料金所の職員らの送迎などを担当していました。名古屋高速は濃厚接触した疑いのある52人に自宅待機を指示し、人手が足りなくなったため、料金所6カ所を閉鎖しています。期間は2週間程度になる見込みです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み