天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎えられ、即位後初めてとなった会見では「常に国民を思い、国民に寄り添う」などと話されました。

 天皇陛下:「常に国民を思い、国民に寄り添い、象徴としてあるべき姿を模索しながら務めを果たし、今後の活動の方向性についても考えていきたいと思っております」
 陛下は即位されてから初めての会見を開き、天皇としての役割について「憲法を遵守(じゅんしゅ)し、象徴としての務めを誠実に果たして参りたいと考えております」と話されました。23日に予定していた一般参賀は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となりましたが、宮殿などでのお祝いの行事は行われる予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み