千葉市で中学校の60代女性教師が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

 千葉市によりますと、新たに感染が分かった60代の女性教師は市内の中学校で2年生の国語を担当しています。12日に医療機関を受診しましたが、風邪と診断されました。13日と14日は学校で試験監督をし、17日からは事務作業で出勤しました。19日に早退して県内の病院に入院し、21日に陽性と判明しました。女性は発症前2週間に海外への渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触も確認されていません。市では女性が勤務している中学校を26日まで休校とし、その間、消毒作業などを実施します。また、さらなる感染を防ぐため保護者への説明会は開かず、メールなどで対応するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み