社民党が党大会を開き、福島瑞穂議員を新しい党首に選出しました。7年ぶりに党首に戻ることになります。

 新党首に選出された社民党・福島瑞穂議員:「困難を解決する。そんな政治を実現するべく、さらに社民党を躍進させ、大きくして国民の皆さんのために働いていきたい」
 これまで社民党は又市党首のもと、立憲民主党などとの合流協議を積極的に進めてきました。しかし、野党合流に慎重な福島氏が党首に就任することで今後の協議に影響が出てきそうです。また、国民民主党も党大会を開き、立憲民主党などとの合流に向けて引き続き努力する方針を確認しました。今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、会場を都内のホテルから党本部に変更するなど規模を大幅に縮小して行われました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み