南海トラフ地震を想定した日米共同の防災訓練「トモダチ・レスキュー・エクササイズ」が、21日から始まった。
「トモダチ・レスキュー・エクササイズ(TREX)」は、南海トラフ地震で西日本の広い範囲に被害が出た想定で、航空機による支援物資の輸送や護衛艦「いずも」を拠点にした捜索・救難訓練が予定されている。
21日は、東京のアメリカ軍横田基地で、西日本に向けて空輸する陸上自衛隊の支援物資をアメリカ空軍の輸送機に積み込むための作業が行われた。
訓練は23日まで、自衛隊およそ2,600人とアメリカ軍およそ30人、さらにオーストラリア軍も参加して行われる。

(2020/02/22)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み