安倍政権がこれまでの法律の解釈を変えて検察官の定年延長を可能としたことを巡る森法務大臣の答弁に野党が反発して「大臣の進退に関わる」と追及を強めています。

 野党は安倍政権が検察官の定年延長を可能とするため、法律の解釈を変えたその決定プロセスを明らかにするよう求めていました。20日に法務省は経緯を示しているとする内部文書を国会に提出しました。森大臣は法務省内の「決裁を取っている」とし、正式な文書であることを強調していました。しかし、法務省は21日になって「口頭で決裁した」文書であると明らかにしました。
 立憲民主党・安住国対委員長:「なぜ、森法務大臣は自信満々に『決裁をしております。あります』って言ったんですかね。その態度そのものが嘘だとなったら、これは法務大臣の進退に関わるんじゃないでしょうか」
 野党側はそもそも「口頭での決裁は役所ではあり得ない」として、解釈変更をしたことが分かる正式な決裁文書の提出がなければ来週からの国会審議に応じないとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み