新型コロナウイルスによる日本経済への先行き不安で円安が進んでいます。

 21日の東京外国為替市場では円を売ってドルを買う動きが進み、円相場は1ドル=112円をはさんで推移しました。これは去年4月以来、約10カ月ぶりの円安水準です。新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済の先行きに不安が広がったことで、従来は安全資産として買われることが多かった円が今回は逆に売られる展開となっています。都内の為替のディーリングルームではマスク姿の担当者が為替の取引を行っていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み