中国本土で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は、2日連続で1,000人を下回った。

中国の衛生当局によると、新型コロナウイルスによる中国本土での死者は118人増えて、2,236人になった。

その一方、新たに確認された感染者は889人で、20日の発表に続いて1,000人を切った。

北京のタクシーでは20日夜、車内での感染を防ぐため、透明なシートが取りつけられていた。

このような動きは中国各地で広がっていて、感染拡大への警戒感は高いままとなっている。

一方、上海では、感染に警戒して異例の市民生活が続いている。

感染を避けるためだろうか、微妙な距離感で井戸端会議をする人たち。

住宅地の入り口では、QRコードで来訪者の登録を促し、厳しい出入りの管理が続いている。

また、消毒のためなのか、路上に布団を持ち出して干し始める人がいたり、バドミントンやジョギングを楽しむ人もみんなマスクをしている。

普段は、高齢者が大勢集まる広場でのダンスも一人ぼっちで、街は閑散とした状況が続いている。

こうした中、「ダイヤモンド・プリンセス」を下船してチャーター機で帰国した、オーストラリア人の乗客2人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

オーストラリア保健省によると、20日に帰国した乗客164人のうち6人に、発熱などの症状があったため検査したところ、2人の感染が確認された。

2人は、日本での19日の検査は陰性で、下船が許可されていた。

(2020/02/21)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み