暴力団との取引が判明。伊勢名物・赤福に激震が走った。

「赤福」のグループ会社が、暴力団のために、反社会勢力の代名詞である暴力団のシンボル「代紋」入り焼酎を製造・販売していたことがわかった。

しかも、その製造・販売を指示していたとみられるのは、赤福と伊勢萬の会長を務めていた濱田益嗣氏だった。

(2020/02/20)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み