新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船では、20日も陰性が確認された乗客およそ500人が下船する予定。

一方、クルーズ船にDMATの一員として乗船し、船内の感染管理のずさんさを動画投稿サイトで告発した、神戸大学の岩田健太郎教授が、20日に記者会見を開き、自分の意見を変えるつもりはないと強調した。

神戸大学病院感染症内科・岩田健太郎教授「(動画削除の理由は?)」船内のゾーン区別に改善があった。(わたしの要望通り)国立感染研が船内感染のデータを公表したから」

岩田教授は、ネットに投稿した動画の中で、クルーズ船内ではウイルス感染の危険がある区域と安全な区域を区別せず、専門家も常駐していなかったと指摘していた。

岩田教授は、この動画を削除したが、会見では「自分の意見を変えるつもりはない」とあらためて話した。

(2020/02/20)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み