ダイヤモンド・プリンセス号からの下船に合わせて乗客を帰国させようと、カナダなど海外の政府が手配したチャーター機が相次いで羽田空港に到着しています。

 ダイヤモンド・プリンセスに乗っている約260人のカナダ人はバスで羽田空港に移動した後、チャーター機に乗ります。カナダのメディアは「15人の感染者がいる」と伝えています。香港政府のチャーター機もすでに到着していて、20日未明に出発する予定です。香港の乗客は戻ってから2週間、隔離されます。オーストラリアなどのチャーター機も19日にも到着する見通しです。
 また、韓国政府が派遣した大統領専用機は未明に羽田空港を出発し、午前6時半ごろにソウルの金浦(キンポ)空港に戻りました。クルーズ船にいた韓国人の乗客乗員14人のうち帰国を希望した6人と日本人配偶者1人が専用機に乗りました。この7人は今のところ、感染が疑われる症状はありませんが、仁川(インチョン)にある施設で2週間、隔離されます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み