2月に発表された、「文房具屋さん大賞」。

受賞した商品を集めた特設売り場には、文具を愛する“文具女子”たちが…。

文具女子は、「わたしはカワイイものが好きなので、使ってワクワクするようなものがいい。ふふふ」、「かわいいとモチベーション上がります」などと話した。

「文房具屋さん大賞」は、文房具を販売する目利きのプロが、今、最も価値ある逸品を選定するもの。

スマホなどを活用することが多い中、「アナログ回帰ブーム」で、女性向け筆記用具の需要は年々増えている。

2020年は、どんな常識を覆すのか。

紹介してくれるのは、週4日の文房具店巡りを欠かさないという、文具ソムリエールの菅未里さん。

まずは…「まさかの発見!?」

「アイデア賞」に選ばれた「クリアレーダー」。

一見、普通の消しゴムに見えるが…。

菅さん「見ていただくと、実は…見えますか?」

新美有加アナ「透けてますね! しっかり爪の色がわかる!」

菅さん「これが、大ヒット!」

驚きのポイントは、消しゴム越しに、はっきりと文字が読める透明度。

悩まされる、イライラしてきた消し残しや消しすぎが防げる。

菅さん「どこを消しているかわかる、というのが一つのポイントであるのと、単純に美しいというので人気が出ています」

優れた機能性にもかかわらず、100円というお手頃価格ということもあって、売れ切れ続出なんだとか。

続いては、「使い道無限大!?」ボード賞。

育児文具としても注目されている卓上時計「CotiCoti」は、ホワイトボードと一体化。

あるようでなかった、日程を直接書き込むことができる商品。

子どもをはじめ、家族と時間やスケジュールを一目で確認できると人気を集めている。

そして、菅さんのイチオシは、「ネット通販の救世主!」カッター賞。

菅さん「こちらですね、段ボールを開けるための刃物なんですけど」

新美アナ「カッターではない?」

菅さん「カッターとはちょっと違うんですね」

この「カイコーン」の売りは、歯が指に触れにくくなっていること。

安全に、そして簡単に段ボールを開けられる。

新美アナ「これだけで開くんですか?」

菅さん「開くんですよ、しかも簡単に」

新美アナ「ここに穴をあけるんですよね。ここは意外と入るんですね…おおお! 簡単簡単!! これしか刃がないのに、意外と開くんだと驚いています。開いた~!」

あまりの使いやすさに、菅さんは「わたしは、実は結構大量に持っていて。安いし、あまりにも便利なので配り歩いています」と話した。

そして、気になる大賞。

1,500点の並みいる強豪を抑えて文房具の頂点に立ったのは…「わたし、つぶれませんので!」。

菅さん「白いカラーペンですね、EMOTTというもの」

新美アナ「見た目がものすごくスタイリッシュ!」

菅さん「見てください、このカラーバリエーション。全部で40色。実は最近、大人のカラーペンがはやっている」

シンプルで洗練されたデザインのペンだが、そのすごさは色のバリエーションだけではない。

菅さん「今までの“サインペン”と言われるもの、筆圧強い方だと、ペン先つぶして、だんだん太くなりますよね? なんで白いかというと、(ペン先に)カバーが付いている。芯をカバーして、つぶれないようにしているんですね。見た目、機能、使い勝手、全部。納得の大賞」

従来のペンとは違い、どんなに強く書いても、新品同様の細さを保つことができる。

「アナログ回帰ブーム」もあって、文房具市場の中で盛り上がりを見せているのが「筆記用具」だそう。

菅さん「(デジタルとアナログ)どっちもいいんです。どっちがいいわけではなくて、両方をうまく使う事によって、より楽しくなる。それをサポートするのが文房具」

(2020/02/18)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み