中国からの加工タマネギの輸入が88%減っています。新型コロナウイルスは日本の食卓や外食産業にも不安を与え始めています。

 新型コロナウイルスの影響で、2日からの1週間で中国から輸入される、皮をむくなどの加工をしたタマネギは、前の年の同じ時期より88%減ったほか、ネギは81%、ニンジンは76%減少しました。
 江藤農林水産大臣:「長期化すると、国内の供給体制も含めて見ていかないと価格的にも混乱が生じるのかなと」
 江藤農水大臣は、現在は国内に在庫があるため大きな混乱はないとしながらも、今後の状況を注視していくとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み