アップルは先ほど声明で2020年1月から3月期の業績見通しを下方修正すると発表しました。
新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、「売上高が見通しに達しない見込みとなった」としています。
中国のアイフォーンの組み立て工場の春節明けの再稼働が遅れていることで在庫が不足するということです。
また、中国国内の多くの店舗が営業を停止しているうえ、営業中の店舗も短縮営業を余儀なくされるなどして、客足も鈍っているということです。
4月に予定する次回の四半期決算発表の電話会見で追加の情報を開示するとしています。

新規コメントの書き込み