立憲民主党は党大会を開き、次の衆議院選挙で野党の連携で政権交代を目指す決意を訴えました。

 立憲民主党・枝野代表:「すべての取り組みを政権交代のための準備へとつなげる決意をすべての国民、有権者の皆さんにお誓い申し上げます」
 党大会では、トークライブやイベントブースなどを展開し、支持者らとの交流を重視したため、国会で統一会派を組む国民民主党などは招待していません。国民民主党との合流協議はまとまりませんでしたが、枝野代表は、政権交代への柱は「野党の連携、共闘にある」と主張し、野党第一党の立憲民主党が主導して国会や選挙区での連携を進めていく考えを強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み