各地で入港を拒否されたクルーズ船がカンボジアの港で下船を開始しました。

一部の乗客が新型コロナウイルスに感染した疑いが持ち上がり日本などに入港できなかった香港発のクルーズ船「ウエステルダム」はきょう、カンボジア南部の港で下船を開始しました。
フン・セン首相も出迎える中、乗客らは笑顔でカンボジアに上陸しました。
カンボジア当局は、体調不良を訴えた乗客およそ20人の検査結果が陰性だったため上陸を認めたということです。

新規コメントの書き込み