足止め状態が続く「ダイヤモンド・プリンセス」。
船室を“独居房”と表現するなど、乗客の精神状態は限界に近づいている。

「ダイヤモンド・プリンセス」に残された、およそ3,600人の乗客・乗員。
その不安とストレスは、膨らみ続けている。

70代の両親が乗船しているという男性は、船内の洗濯事情を、「洗濯に関しては、身近でできるものは本人たちがして、(それ以外は)これに入れれば洗濯していただける、というような形で、ビニールが配布されたようですね」と聞いていた。

船内から送られてきた客室の映像。

鏡台と、テレビとベッド。
室内に体を動かすスペースが十分にあるとはいえない。

両親(70代)が乗船中の男性「毎朝検温、何度だったよ、元気だよ、と連絡を受けていますので、会話のやりとりをして、なるべくストレスがかからないような環境を作ろうと努力をして、やりとりをしています。家族としては、ものすごく心配していますね」

「ダイヤモンド・プリンセス」に残された乗客の1人は、滞在を強いられている客室を“独居房”にたとえた。

乗客・千田忠さん(70代)「隔離された空間で、いわば独居房にいるような状態で、ほかの人と連絡を取ることが非常に困難です」

10日、船内で新たに感染が確認された65人の搬送は、予定から大きく遅れ、11日午後まで続いた。

今なお、3,000人以上がとどまる船内。

70代の乗客、千田さんは、船内の生活環境の改善を訴える要望書を提出した。

千田忠さん「例えば、羽毛布団。だんだん湿り気を帯びて薄くなってきている。夜間、非常に寒いです。この状態で2週間ということを想定した場合、当然、健康悪化しますよね」

SOSを発信しているのは、乗客だけではない。

マスクを着けて並ぶのは、インド人乗組員とみられる一団。
フェイスブックに動画を投稿し、インド政府に助けを求めた。

インド人乗組員とみられる男性「お願いですから、われわれをこの地獄から助けてください。感染してから助けられても、あとの祭りです。日本で必要な検査を受けることができないのなら、すぐに国連やインド政府に助けを求め、ただちにわれわれをここから離してください。感染していない人々を助けてください」

(2020/02/11)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み