冬の食卓に欠かせない鍋。香港で同じ鍋料理を食べた親族9人が、新型コロナウイルスに感染したことを香港政府が発表したことを受けて、今波紋が広がっている。

中国では、親しい人に対してや、おもてなしの際には、“直箸”で取り分ける風習があるという鍋。

このニュースは海外でも報道され、食事を通じ、感染を引き起こす可能性が指摘されている。

本当に、鍋を一緒に食べるだけで感染は起きるのか。
専門家を取材すると、“鍋を通じた感染は起きない”という答えが。

池袋大谷クリニック・大谷義夫院長「新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染、接触感染が中心と考えられていて、(食物を通して)経口感染はしないと考えられている。直箸は関係ない」

実はインフルエンザも、くしゃみなどから感染することはあっても、食べ物からの感染はないとされており、この点は同じだという。

今回の“鍋感染”のような情報は、ネット上にあふれている。

そんな中、WHO(世界保健機関)は、「デマ防止サイト」を開設。
10項目の疑問に一問一答形式で答えている。

「ごま油を体に塗ればウイルスの侵入を防げますか?」
答えは「×」で、説明の欄には、「ごま油は新型コロナウイルスを殺しません」と書いてある。

「ニンニクを食べることは感染予防になりますか?」
答えは「×」で、「ニンニクは抗菌特性を持つ」としながらも、「食べることで新型コロナウイルスから守られたという証拠はない」としている。

専門家は、デマに惑わされず、正しい恐れ方を知ることが大切だと指摘している。

(2020/02/10)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み