ネット通販大手「楽天市場」による送料無料化を巡り、公正取引委員会が楽天に立ち入り検査を行ったことが分かりました。

 楽天市場を運営する楽天は3月18日から3980円以上の買い物をすると原則、送料を無料にする方針を打ち出しています。これが送料を出店者が負担することになり、独占禁止法の「優越的地位の乱用」にあたるとして、一部の出店者が公正取引委員会に調査を依頼していました。これを受けて公正取引委員会は出店者への聞き取りを行いましたが、楽天側にも立ち入り検査を行ったということです。両者の主張を受け、公正取引委員会が今後、どのような判断を下すかが焦点となります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み