中国の武漢市で重い肺炎を発症し、新型コロナウイルスに感染した疑いが濃厚だった60代の日本人男性が、8日に亡くなった。

外務省によると、中国の医療機関は、亡くなった日本人男性について、「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高いものの、確定的な判断は困難」として、死因を「ウイルス性肺炎」と判断した。

政府関係者は、「男性の病状が悪化し、再検査を行って判定結果を確定させることはできなかった」と説明している。

安倍首相は「ご家族の皆様にお悔やみを申し上げますとともに、ご冥福をお祈りしたい。ご家族の皆様に対して、しっかりと支援をしたい」と述べた。

(2020/02/08)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み