新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック・パラリンピックに関わる国内の競技団体からの相談を受け付ける窓口がスポーツ庁に設置されました。

 橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、7日午後に開かれた感染症対策の会議で「東京オリンピック・パラリンピックまで半年を切るなかで不安感を与えないよう万全に対策を取る」と話し、国内の競技団体向けに新型コロナウイルスを含む感染症の相談窓口をスポーツ庁と内閣官房に設置したことを明らかにしました。また、各国の選手団を受け入れる自治体への対応も検討するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み