東京・北区志茂にある熊野神社で2月7日、豊作と厄よけを祈る「白酒祭」が開かれました。

 600年の歴史を持つこの祭りは、1月7日に白酒を造って神社に献上していた行事が起源で、2002年に北区の無形民俗文化財に指定されています。神楽殿では、古くからこの土地で白酒を造る時にうたう「白酒の唄」が披露されました。

 唄の後、鬼と書かれた的に3本の矢を射る御歩射(オビシャ)が行われました。1本目は「捨て矢」といってわざと外し、2本目と3本目の矢を当てるのが習わしで、矢が「鬼」の中央を貫けば豊作、厄よけがかなうといわれています。

新規コメントの書き込み