新型コロナウイルスの感染対策として、アメリカではフライトの後に飛行機の内部を殺菌する特殊な機械が活用されています。

 開発した企業の社長:「危険度の高い中国から来た飛行機を次の乗客のために殺菌します」
 ベンチャー企業が開発したこの機械は紫外線を12カ所から照射して機内を殺菌するもので、先月からロサンゼルスなど3つの空港の中国便で使用されています。価格は1台、1000万円を超えますが、すでに中国や韓国などから問い合わせがきているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み