中国・湖北省に残る日本人らの帰国のため4便目となるチャーター機が6日夜、武漢に向けて出発する見通しです。今回、初めて中国籍の配偶者など日本人の家族も搭乗する予定です。

 湖北省には帰国を希望する日本人が約140人残っています。第4便には約200人が搭乗する見込みで、外務省の幹部によりますと、中国籍の配偶者などの出国について「中国側からほとんどのケースで許可が下りている」ということです。関係者によりますと、4便目のチャーター機はこれまでと同様に全日空が運航し、羽田空港を午後8時に出発する方向で準備に入っているということです。政府はこれまでにチャーター機3機を派遣し、565人の日本人が帰国しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み