新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するなか、安倍総理大臣は対策本部を開催し、関係閣僚に対して入国管理を強化して感染者の入国を確実に防ぐよう指示しました。

 安倍総理大臣:「(入国拒否の)該当者かどうかをより簡易、迅速に判断するための仕組みを構築して対象者を確実に見極めるなど厳格な運用を図るとともに、各申請者の特別な事情にも十分、配慮し、適切な運用に努めて下さい」
 また、安倍総理は「国民の命と健康を守ることが最優先だ」と述べ、政府予算の予備費を使うことも視野に入れてさらなる対応策を速やかに策定するよう指示しました。さらに、観光業をはじめ日本経済に影響が出ていると指摘して「万全な対応を取っていく」と強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み