新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自民党内からは一時的に国民の権利を制限することを想定し、憲法改正の必要性を訴える声も広がっています。

 中谷元防衛大臣:「緊急事態にしっかり対応できるような措置ができるように法律でできれば一番いいが、そういうものができないとなれば、そういうこと(憲法改正)も議論の必要があると思う」
 自民党の複数の議員からは今後、新しいウイルスによる感染症が国内で拡大した場合に備え、緊急時に国民の権利を制限する「緊急事態条項」を憲法に加える案について議論するよう求める声が上がっています。一方で、岸田政調会長はこうした意見に慎重な考えを示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み