国立感染症研究所は、新型コロナウイルスの分離に成功したことを明らかにした。
国内での分離は初めてで、治療薬などの開発が期待される。

感染研によると、細胞を使って、ウイルスを増殖させて分離した結果、最初に発表された新型コロナウイルスと99.9%遺伝子配列が一緒であることが確認されたという。

今後、分離したウイルスで病原性の解析やウイルス検査法、抗ウイルス薬やワクチンなどの開発を進め、国内外に向けて広く配布する予定としている。

(2020/01/31)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み