中国国内では、武漢を訪れた人に対する行き過ぎた行動が増えています。

 河南省にあるマンションでは、この部屋に住む家族が武漢から戻ったばかりであることから、一家が外に出ないよう住民らが板を打ち付けて扉をふさごうとしています。別の住宅では玄関先に赤い紙が貼り付けられています。紙には「この家の住人は武漢から帰ってきた。接触してはならない」と書かれています。中国では感染への恐れから武漢から来た人たちを強制的に隔離するような動きが増えています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み