27日午後1時半すぎから降り出した雪。
神奈川・箱根町の観光地、芦ノ湖。

午後5時ごろ、手元の温度計では氷点下0.3度を示していた。

身も凍る寒さの中、強く降り出した雪。

午後5時すぎ、箱根峠の道の駅の道路には、除雪車が現れた。
雪が勢いよくふぶいている。

関東・甲信地方では、27日夜から28日にかけ、警報級の大雪となるおそれがある。

午後5時すぎ、歩くと地面に足跡がつくくらい、雪が積もってきた。
そして、午後4時半ごろから、かなり雪の勢いが強く降り始めた。

雪は、山梨県の河口湖でも。
しんしんと降る雪の中、湖畔にたたずむ雪だるま。

黒い板を置いて10分後、持ち上げてみると一面、雪がしっかりと積もっていた。

関東北部の山沿いでは、28日夕方までの24時間に、多いところで40cmの降雪。

午後5時すぎ、どのぐらい雪が積もっているのかメジャーをさしてみると、2cmほど雪が積もっていた。

東京の多摩西部では20cm、多摩南部では10cmの降雪が予想されている。

東京23区では、28日朝までに1cmだった降雪予想が、28日の夕方までの24時間に2cmへと増えた。

予想よりも気温が低くなった場合には、大雪となるおそれもある。

都心では、帰宅時間に雨や雪になることを心配してか、ブーツや長靴を履いている人が見られた。

東京・南千住にあるホームセンターでは、買い物客から「先ほどテレビを見て、南千住にもこんなに降るのかなと思って、買いに行かなきゃと思って、今来ました」との声が聞かれた。

都心では、午後9時すぎから、雨やみぞれが降り、28日未明には雪が降り出す見通し。

朝の通勤・通学の時間帯には、雪は、みぞれか雨に変わる見込みだが、交通機関の乱れなどが予想されるため、早めの準備が必要。

(2020/01/27)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み