児童相談所の非常勤職員が少女に虐待を繰り返したとして処分されました。

 27日付で解職されたのは、鳥取県米子児童相談所で働いていた夜間指導員の76歳の男性です。鳥取県によりますと、男性は去年7月から8月にかけ、一時保護されていた中学生と高校生の少女に対して宿直室でキスしたりするなど性的な虐待を繰り返していました。少女が別の職員に打ち明けたことから被害が発覚しました。男性は先月に書類送検され、罰金10万円の略式命令を受けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み