香港で続く「逃亡犯条例」の改正案に抗議するデモ活動は、きょうも続き、参加者は、空港に押し寄せて道路を封鎖するなどしました。デモの参加者は、日本時間の午後2時頃から空港に集結し、入り口付近にバリケードを設置するなどして、封鎖しました。空港には、警察も動員され、一部で小競り合いが続きましたが、現在のところ、大規模な衝突には発展していません。空港を利用する一部の乗客に影響が出たとの話もあります。デモの参加者は、空港近くの地下鉄の駅に移動するなどして、抗議活動を続けています。一連の抗議デモでは、一部の若者が過激な行動をとり、警察は催涙弾や放水車を用いるなどし、強制排除に乗り出しています。今後も、警察との衝突の懸念が強まっています。#香港#デモ#逃亡犯条例#中国#衝突#空港#封鎖

新規コメントの書き込み