新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受け、安倍総理大臣は関係閣僚に対して国内の感染拡大の防止に全力を尽くすよう指示しました。

 安倍総理大臣:「検疫における水際対策に一層の徹底をして、サーベイランス強化のための国立感染症研究所で実施している検査について、全国の地方衛生研究所でも検査が可能となるよう体制を整備すること。国民の皆様に対する迅速かつ的確な情報提供、在留邦人に対する現地大使館を通じたきめ細かな情報発信や必要な支援の実施など、国内における感染拡大の防止や在留邦人の安全確保に向けて引き続き全力を挙げて下さい」
 安倍総理は日本を旅行で訪れている中国人の男性が新型コロナウイルスによる肺炎を発症したことが確認されたことを踏まえ、水際対策をより徹底する必要があると強調しました。また、「過剰に心配することはない」とも指摘し、「一般的な風邪の予防策を行い、落ち着いて行動してほしい」と話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み