天皇皇后両陛下は22日、障害者週間にちなみ、埼玉県にある障害者施設を訪問された。

リハビリ医療や就労支援などに取り組むこの施設では、創立40周年を迎えた記念式典が行われ、両陛下は、障害者の雇用に長年取り組んできた団体を拍手でたたえられた。

天皇陛下は、「障害の有無にかかわらず、誰もが相互に、人格や個性を尊重し支え合う『共生社会』が築かれていくことを切に願っております」と述べられた。

両陛下は、利用者が就労を目指し、パソコン入力に取り組む様子を見て回り、「作業はいかがですか」などと声をかけられた。

(2020/01/23)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み