24日未明、国内で2例目になる新型コロナウイルスによる感染者が確認された。

中国からの男性観光客は、東京都内の病院で、ほかの患者から隔離された状態で入院しているという。

厚労省によると、2人目の感染者は中国・湖北省の武漢市に住む40代の男性。

男性は、1月14日から発熱があり、15日と17日に中国の医療機関を受診。

その後、症状が落ち着いたので19日に日本を訪れたという。

男性はその後、20日に国内の医療機関で受診、22日にも再度受診し、そこで肺炎の症状が見つかり、24日未明、新型コロナウイルスの感染が確認された。

男性は24日午前現在も発熱やのどの痛みがあり、東京都内の病院でほかの患者から隔離された状態で入院しているという。

男性は、移動する際はマスクをしていて、ホテルの部屋からあまり外出しなかったという。

厚労省は、男性とともに来日した家族2人と医療従事者らおよそ20人の濃厚接触者を健康観察対象にしているが、いずれも発熱などの症状はないという。

国土交通省は、中国の春節期間となる24日から水際対策を拡大する。

これまでは上海と武漢からの航空便などのみだったが、中国から来る全ての航空便とクルーズ船に対象を拡大して、健康カードの配布や、体調不良になった時の申告を促すアナウンスを実施するという。

(2020/01/24)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み